1. 膝の痛みを治す方法|TOP
  2. 関節
  3. ≫現代は関節痛が多い

現代は関節痛が多い

関節痛は今や国民病?

関節痛なんて中高年以上で自分は関係ない!そう思っていませんか? ところが、現代では年齢に関わらず多くの人が関節痛に悩むようになっています。

腰、ひざ、肩・・・体のあちこちが痛むのは どうして?

ずばり、体の痛みは 年齢だけのせいではありません。世間でいわれているように腰痛、ひざ痛、五十肩は年齢のせいなのか?

ここでは「体の痛み」にまつわるいろいろな疑問に迫ってみました。

肩こりや腰痛、ひざ痛など、体の痛みはさまざまな箇所に起こってきます。

ある程度の年齢になってくると、これら関節痛を加齢だから仕方ないと諦めて受け入れている人もいると思います。

また、腰が痛い人は肩もこるなど、二か所以上、体が痛むことも珍しくありません。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。まずは、さまざまな体の痛みが生じる理由について、調べました。
そもそも関節が痛むのはどれもこれも加齢ばかりが理由とは限りません。

たとえば、普段あまり体を動かさない人が急に無理な運動をして、足腰が痛くなるということはよく起こることです。

実は日常生活のなかでこうした現象がいつも起こっており、少しずつ積み重なって、体のあちこちに影響が出てくるのです。

また、単純に『痛み』といっても年齢、性別、生活習慣の違いなどに よってさまざま。いま痛くなくても注意が必要です

現代人は「体の使い方」に問題あり

専門家によると、現代人のほとんどは体がなまっていて、体をうまく使えていない状態だそうです。

ふだんの姿勢から始まり、歩き方、ちょっとした動作などで、知らずしらずのうちに体に負担をかけてしまっているのだ そうです。

そうした目に見えない小さな負担が少しづつ積み重なり、一定のラインを超えると各種関節の痛みとなって症状として現出します。

つまり、私たちが気付かないうちに発症している関節の痛みは体を動かすことの少なくなった現代の「生活スタイル」が根本にあったのです。

一つの痛みはやがて 全体へも影響していく

では、ひざ痛と腰痛を併発するな ど、痛みが連鎖して悪循環に陥ってしまうのはなぜなのでしょう。

人間の体は、それぞれの関節が 正しく働いている状態で初めて、体重を支えることができます。

ですから、体の一か所に故障があると、当然、ほかのところにも支障が出てき ます。ひざに痛みがあれば、ひざをかばうような歩き方になり、股関節や腰への負担が増大します。つねに不自然な力がかかることで、股関節痛、腰痛の原因になりますし、

ひいては、骨盤が傾いて、背骨が曲がる。 背骨が曲がれば首や背中に痛みが生じてきます

つまり、一か所が悪くなると、体のほかの部位で体重などの負担をカバーしなければなりません。

無理な力をかけ続けた結果、もともと痛みのなかった箇所にも痛みが生じてしまう、ということなのです。

すでに体のあちこちが痛いという人は、原因となっている箇所を見極め、治療していくことが大切です。

姿勢、動作など 体の使い方を意識して

このように、全身へと影響を及ぼ大事になります。

体の痛みを予防、軽減するため には、まずふだんの姿勢に気をつけ ることが一つ。立つときも歩くとき も、座ったときも、体に無理のかか らない姿勢を心がけましょう。

それ から、ある動作をするときに、必要 な部分だけを動かすのではなく、体全体を使ってあげるとよいでしょう。

たとえば野球選手はボールを投げるとき、腰をひねって肩と上半身を使 います。

手先だけで投げようとすると、必ずどこか一か所に無理がかか り、手首や肩の関節などを痛めてし まいます。

スポーツ選手ではない普通の人も、さまざまな動作のなかでこうしたこ とを意識するとよいですね。

そのためには、自分がどのような体の動かし方をしているのか、頭で考えながら体を使うことが重要です

当サイトでは、体に無理のかからない 姿勢や、痛みを予防・軽減するスト レッチ、体操など、痛む箇所それぞれにあわせた具体的な対策をご紹介しています。

ストレッチや体操などは、無理をしていないかどうか、「体とよく相 談しながら」行うことが大切です。

気をつけながら、腰痛、 ひざ痛、肩こりの対策に活用してください。

 

腰痛、ひざの痛み、 肩こり度をチェック

腰痛、ひざ痛、肩こり、五十肩(四十肩)の 症状をそれぞれチェックしてみましょう。

一つでも当てはまるものがあれば注意が必要ですが、当てはまる数が多いほど重度の症状になります。

膝の痛み

  • 朝起きて立ち上がったときに、ひざに違和感がある
  • 長時間座ったあと歩くと、 ひざに違和感がある
  • 歩いたり走ったりすると、 ひざが痛む
  • ひざに力をかけると、痛みがある
  • 階段の昇り降りで、 ひざに痛みを感じる
  • 長時間歩いていると、 ひざが痛くて歩けなくなる
  • 正座やしゃがむなどの動作が苦痛
  • ひざを曲げたり、 まっすぐ伸ばしたりできない
  • ひざの周辺がはれたり、 むくむことがある
  • ひざにきしみを感じる

腰痛

  • 腰をひねると痛みを感じる
  • 朝、顔を洗うときなど、前かがみになるのがつらい
  • 背中を後ろに反ると、 腰に痛みが走る
  • 荷物を持ち上げるときに、 腰に痛みを感じる
  • 長時間歩いていると、 腰に痛みが出て歩くのがつらくなる
  • 立っていると腰が重くなり、 痛みを感じる
  • じっと座っていると、 腰が張ってくる感じがする
  • 寝ていても、 腰にうずくような痛みがある
  • 立ったり座ったりすると腰がつらい
  • 足にしびれを感じることがある

五十肩(四十肩)

  • 腕を肩から上にあげるのがつらい
  • 手を後ろにまわすと肩に痛みがある
  • 肩や、肩のまわりが重い
  • 遠くにある物をとると痛い
  • 痛む側の肩を下にして、 横向きになれない
  • 肩が痛んで眠れないことがある

肩こり

  • 両肩が重く感じる
  • 首から肩がかたく、張っている
  • 目が疲れやすい
  • 頭が重く、頭痛がする
  • 手にしびれを感じることがある
  • めまいや吐き気を感じることがある

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。