1. 膝の痛みを治す方法|TOP
  2. サプリメント
  3. ≫サプリメント一辺倒が駄目な理由

サプリメント一辺倒が駄目な理由

サプリメント

別ページでも紹介していますが、ひざの痛みに対して、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントは効果的です。

そういった話はちょっと調べた方やお医者さんにかかりつけている方であれば一度は聞いたことがあると思います。

ですが、ここで一つ知っておいて欲しいことがあります。それは歳をとると栄養の吸収が悪くなるということです。

ひざの関節や軟骨の成分をしっかりと補強し、本来の動きをサポートするこれらの栄養素も、歳を取るにつれて吸収できる量が少なくなってしまうのです。

そういった背景を考えると、サプリメントの吸収だけで膝のトラブル解決を図ろうとするのは、賢い選択とは言い難い現実があります。

これを読んでいる人の中にも、サプリメントの服用を続けているにも関わらず一向に改善が見られない経験をお持ちの方や、サプリメントをずっととっているのに何も変わった気がしない…ということを嘆いている方を見たことがあるかもしれません。

特にお年をめしている方であれば、サプリメントだけに頼ってはなりません。年齢に合わせた効果的な改善策をとっていかなければならないのです。

 

人間には自然治癒力・自己免疫能力があります。

確かにサプリメントはきちんと使えば絶大な効果を発揮する頼もしい相棒となりますが、それに頼ってばかりではかえって悪影響をも与えかねません。

あくまで膝の痛みは自分で治す、という理念を持ち続け、誰かに治療を丸投げするのではなく自分自身で対処するという姿勢を忘れてはいけませんね。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。